池袋のクリニックでにきび跡を改善しました

思春期の頃にできたにきび跡

思春期の頃にできたにきび跡 : 思い切って治療しようと考えた理由 : 悩んでいたのが肌に残っているクレーター

思春期の頃にできたにきび跡は、私にとって隠したいコンプレックスの一つでした。
大人になれば肌が落ち着いてにきびが出なくなる、跡も綺麗になるから心配しなくていいと両親や友達には言われてきましたが、実際に歳を重ねてみてもまったく改善される気配がありません。
にきび跡によって肌にでこぼこができてしまい、ファンデーションがきちんと乗らない、化粧をしても隠せないなど、社会人になってからも私の悩みは続きました。
友達もにきびで悩んではいましたが、その多くは赤みができる程度のもので、大人になるにつれて確かににきびができる頻度も減っていったようです。
しかし私の場合はそもそも肌にクレーターのような跡が残ってしまい、その周囲にまたにきびができるといった悪循環を繰り返していました。
ビジネスの場で取引先の方と会う場合も、私の顔に目が行くのがわかり、とてもつらい日々を過ごしました。
誰かと会う時は顔を見るのが当たり前のことです。
第一印象に強い影響を与えるのも顔でしょう。
にきび跡のコンプレックスを抱える私は、その顔を見られるのがとても苦痛だったのです。

いまのスキンケア✩

メラノcc化粧水
→プレミアム美容液→無印乳液

化粧水と美容液初めて使ったけど特に化粧水あまり合わないかも説😂
毛穴とかニキビにもあまり効果ない、、、

一新してKBR法はやく試したい🥲 pic.twitter.com/VS0dSxlGBo

— おこぎまる (@ocogimaru) September 12, 2021

にきび跡 池袋 | 池袋駅周辺のにきび跡治療